Page: 2/45  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
アダルトチルドレン
っぽい。
どうして他の人みたいにもっと気楽にできないんだろう、
相手がどう思うか必要以上に気にしてしまうんだろうと常々思っていたので。
あとは頑固なのに依存的。

よくやってしまうのは、
 人の顔色を伺う
 相手に批判されることが続くと、自分の意見がなくなって、もうどうでもいいから
  相手の思うことを汲み取ってうまく納めたいと思ってしまう

都合いい人にならないように断るっていうことと、
自分はどうしたいのかっていうふうに
考え方の癖を修正しないと。

原因はやっぱり
 親からほめられたことがない
 金くい虫、話しかけるな、なんでお前のためにごはん作らないといけないんだ
 大学なんて行かなくていいから早く就職してくれ
 弟の年金は払う、私立大学も行かせるけど、私にはそういうのは一切なかった
 預けてたお金がなくなっていた、しかもそれを指摘すると逆ぎれされた

今まで、
幼稚園・・何も考えてないから、楽しい。でもやや自己中心的?
小学校・・友達に大事なノートを勝手に見られたことで人間不信に。
      毎日学校に行くのが嫌に。
中学校・・人間不審ゆえに相手の顔色を極端に伺う、恐ろしく無口。
      保健室通い。幸いいい塾に行っていたので勉強ができて、高校では
      環境の違うところへいけた。
高校・・知り合いがいない環境へ行ってやり直したことでかなり改善。
    今でも会う友達がいて、選択肢もそんなになかったので、
    すきなこと、今後の選択肢が多そうなもの、という基準でシンプルに
    勉強もがんばれた。勉強も自分なりに効率よい方法論があったし、
    いいテキストがあった(受験勉強に特化されてるから)
大学、大学院・・ここでゼロイチ思考がやや改善。
    ただし、サークルでの人間関係はうまくいかず(独特の雰囲気に入れない、
    酒があまり飲めない、みんなと同じようにできないからノリがわるい、
    彼氏の付属品みたいな周りからの位置づけ(自分でもそう振舞っていたんだろうと思う))。
    恋愛でも自分がどうしてほしいか言わないのに、相手の態度が気にいらないと
    機嫌わるくするとか、相手がまったくこちらに時間をあわせてくれないのに
    それに無理やり合わせていた(お金、時間、遊び方etc、、)
    最後は遠距離で相手社会人、わたし学生なのに、お金がないという理由で
    一回も会いに来てくれなかったなぁ、学祭とか、サークルの飲み会があれば帰ってくるのに。
    もちろん旅行も同じ。

    周りの友達はなんだあんな人とつきあうの??と
    何回もいろんな人に言われたけど、結局自分の性格の癖が、相手とばっちり
    あってしまったんだと。
    だから、でもいいひとなの、とか言っちゃう。

    別れる直後や別れた後は優しい人に依存しそうになりながらも、
    結局恋愛っていう意味ですきではなくて、都合よく甘えていただけなんじゃないかと。
    だから逆にこちらの都合でふりまわしてしまったと思っている。

    最後の最後は変な人につかまってしまって、最初はすごく優しかったけど、
    俺ルールがあるらしく、それルール違反と言われたときは、むりかも、、と思ってしまった。
    人それぞれ考え方違うよね?
    むりって言ったあとは、それはそれは面倒くさかった。
    納得してくれるまで一ヶ月、それにまじめにつきあったのも
    私の性格がそうさせたんだと思う。最後は一方的に延々文句を言われて
    ブログに法律が許すなら殺したいとか書かれて恐ろしかった。。
社会人・・友達との付き合い方が、基本的にいい人といわれる、嘘がつけない人、
    気の合う人は直感で分かるので、話すのもすごく楽なんだけど、
    よくある集まったら噂話とか、違う考え方が受け入れられない、好き嫌いが激しい女子との
    付き合いは苦手。入るのも、話すのも緊張する。
    これも相手の顔色をうかがっているからだと思うので、自分のすきにしたら
    気持ちが楽になるような気がします。

    仕事の面でも、相手の要望に答えようとして要領の悪いやり方のまま、
    限界までがんばってしまい、結果長時間労働になって、精神的にまいってしまいました。
    最後のほうはとにかく顔色ばっかり伺って、ぎりぎりまで溜め込んだりしてた。

    上司がまたいいのか悪いのか分からないけど、それを直したいらしく、
    考えてる途中で方向の確認に行けば、なんでも人に頼るなと、
    できてから持っていけば、もっと早くに持ってこないからこんなことになるんだと、
    時と場合によることも分かるけど(←と自分をいつも責めてしまって、自分できない、
    必要とされてない、むしろ荷物と思われている、、と負のスパイラルに)、、、と
    必要以上に相手の顔色を伺ってやるやり方に順応しすぎて
    つらい。

こんなに人に依存的だったのに、どこに言っても頑固といわれるのは
父親の影響のような気がする。
あとは考えすぎるから、最低の場合と最高の場合を比べて、つらくても努力してしまうから。
自分かわいそう、と思っていても、どこから自分をよくしようと思って
守りに入ってしまうから。
人の顔色を伺うとか、ここぞというときに自分に自信がなくなるのは、
たぶん母親の態度による影響が大きい。

さて、これに論理的に気づいたっていうことは、
改善する方法が分かったってことで、
 自己評価を適切にする(私の場合は上げる)
 仕事ができなくても、性格に難があっても自分を大切にする
 (がんばるところと、がんばりすぎないところのバランス)
 相手の顔色を伺うことだけしないで、自分は自分として正しいと思ってるのかとか、
  どうしたいのかとかという意見はもっておく(時と場合で出したり出さなかったり)
 思考の癖を変える(必要以上にネガティブにならないこと)

セルフイメージを変える、
あがったイメージが心地よい状態になる(コンフォートゾーン) ←自分の癖が本質的に変わりはじめる
今まで見えなかったいいものが見えるようになる(スコトーマ、盲点)
 
| hina | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode